毎回とても真面目に…札幌市内の私立中学に合格した小学6年生 家庭教師指導報告

札幌市内の私立中学に合格した小学6年生の家庭教師指導報告および

家庭教師の指導報告から。
現在、北海道大学医学部医学科の女性講師が、シニアの教室で指導を
担しています。
生徒は、私立中学入学に向け、意欲的に取り組んでいます。
<指導の状況>
2月中の指導は、英語・数学を中心に指導しています。
英語は、基礎的なところから取り組んでいます。
数学は、基本的な問題だけでなく、少し難しめの応用問題にも取り組む
ようにしています。
間違えた問題の類題も解くようにしています。
<成果>
初めは理解できていなかった問題でも、指導することで、理解し、類題も
解けるようになっています。
途中でわからなくなっても、ヒントを出すことで、自分の力でしっかり
解けています。
<今後の方針>
毎回、とても真面目に取り組んでいます。
すぐには理解できなくても、少し間をおいたり、次の週にもう一度同じよう
な問題を解くことで、知識が定着しています。
今は、予習を中心に取り組んでいますが、学校が始まってからは、わからない
部分の復習を中心に取り組もうと考えています。
これからも頑張りましょう!
札幌 家庭教師シニア 北海道大学医学部医学科 大学生家庭教師
<教務部より>
今回、保護者の方からコメントがありました。
『お世話になっております。思っていた以上に、良い早さで進んでいることを
嬉しく思っています。本人も、先生の教え方で、集中し理解できると言って
います。先生の、少し時間をおいたり、次の週に類題を解く指導は、とても
ありがたいです。引き続き、よろしくお願いします』
理解力があり、モチベーションの高い生徒です。
入学後は、進み方の早さに戸惑うかもしれませんが、入学前のこの時期に、
正しい勉強のやり方を身につけ、きちんとした勉強の習慣を養っておけば
大丈夫です。
どんどん上を目指して進めてください。

神戸大学(工学部)、合格おめでとうございます!札幌市内の中高一貫高校3年生

神戸大学(工学部・情報知能工学科)、合格おめでとう!

 

 

シニアの本部教室に通っていた中高一貫高校3年生が、第一志望の

 

神戸大学に合格しました。

 

この度の合格、本当におめでとうございます。

 

 

中学生の時からシニアの教室に通った生徒です。

 

共に中高の先輩の北大工学部生と北大医学部生が指導を担当させて

 

いただきました。

 

勉強では、なかなか苦戦していましたが、担当の講師が目先の得点

 

よりも、先を見据えて、真の実力を目指して指導を行いました。

 

模試では、上位に食い込める力をつけて行きました。

 

 

今回の合格は、本人の実力からすると、少し余裕があったように思い

 

ます。

 

教室には頻繁に自習に来て、一番遅くまで頑張っていました。

 

勉強には、本当に真摯に取り組む生徒です。

 

大学では、いろんなことを吸収し、社会に出てからの活躍を期待します。

 

君なら、大丈夫です。

 

札幌 家庭教師シニア 教務部

 

 


センターも成功しているので…札幌市内の中高一貫高校3年生 家庭教師指導報告

札幌市内の中高一貫高校3年生の家庭教師指導報告書

および家庭教師の指導報告から。

 

現在、札幌南高出身の北海道大学医学部医学科の男性講師が、シニアの

教室で指導を担当しています。

 

生徒は、とても真面目に取り組んでいます。

 

 

<指導の状況>

 

この4回は、数学は主に微分・積分の分野を、模試の問題を用いて指導を

 

行いました。

 

化学は、気体の計算を行いました。

 

神戸大の過去問を用いて、分からなかった部分の指導も行いました。

 

 

<成果>

 

数学・化学の本番に近いレベルの問題を解いて、よく理解してくれたと思い

 

ます。

 

 

<生徒へ>

 

短い期間でしたが、よく頑張ってくれたと思います。

 

センターも成功しているので、この調子で二次試験でも、自分の力を出せる

 

ように頑張ってください。

 

札幌 家庭教師シニア 北海道大学医学部医学科 大学生講師

 

 

 

<教務部より>

 

実力は十分です。

 

あとは、二次試験で普段の力を発揮するだけです。

 

落ち着いて臨んで欲しいと思います。

 

 


ここからは勉強することが本番の1点に…札幌市内の中高一貫高校3年生 家庭教師指導報告

札幌市内の中高一貫校に通う高校3年生の家庭教師指導報告書

および家庭教師の指導報告から。

 

現在、北嶺高校出身の北海道大学医学部医学科の男性講師が、シニアの

教室で指導を担当しています。
中学3年生から教室で頑張っている生徒ですが、学年上位に食い込める
ようになっています。
<指導の状況>
1月下旬からの指導は、数学の二次力向上を目標に、演習メインで進め
ました。
<成果>
どういう問題は解き切らなければならないのか、
どのように時間を配分するのかなど、
客観的に判断できるだけの目は、身につけられたと思います。
<生徒へ>
センター試験が終わり、二次試験に向けて、北大の15カ年分の数学の
問題集を用いて演習をしました。
特に、点差がつきやすい微積の範囲を演習してきました。
略。
本人にも話しましたが、
ここからは、勉強することが本番の1点につながるかを意識して、
体調にも気をつけて頑張って欲しいと思います。
札幌 家庭教師シニア 北海道大学医学部医学科 大学生講師
<教務部より>
中学生の時から、本当によく頑張ってきたと思います。
当初は、なかなか成果が出ませんでしたが、目先の得点ではなく、先を
見据えた指導が功を奏し、しっかりとした実力が身についたように感じ
ます。
あとは、本番で普段の実力を発揮するだけです。
合格を確信しています!

向上心と危機感を持って、いかに本気で…札幌市内の私立中学2年生 家庭教師指導報告

札幌市内の私立中学に通う中学2年生の家庭教師指導報告書および

家庭教師の指導報告から。

 

現在、北海道大学工学部の男性講師が、シニアの本部教室で指導を担当

しています。

 

生徒は、勝負の時期にきていると思います。

 

 

<指導の状況>

 

1月から2月にかけては、毎回、英語・数学を45分ずつ、教科書に

 

沿って指導しています。

 

英語の長文読解に本人が苦手意識があるようなので、時折、問題演習も

 

行うようにしています。

 

 

<成果>

 

数学は、毎回の指導内容が定着してきているように思います。

 

英語は、特に長文への取り組み方から指導しており、まずは、苦手意識

 

を取り除くように指導している最中です。

 

 

<今後の方針>

 

本人は、一生懸命やってくれていると思いますが、あまり宿題に取り組

 

んでおらず、家庭学習が不足しているのでは、と感じてします場面があり

 

ます。

 

 

ただシニアの教室で勉強して満足するのではなく、向上心と危機感を

 

持って、いかに本気で学習できるかが、今後、非常に重要になってく

 

ると思うので、精一杯指導していきたいと思います。

 

札幌 家庭教師シニア 北海道大学工学部 大学生講師

 

 

 

<教務部より>

 

この1年が正念場だと思います。

 

一貫校の場合、3年目、4年目で、いかに伸びていけるかです。

 

もし、この学年で停滞するようなことがあれば、5年目、6年目で挽回する

 

のは、本当に大変です。

 

公立中学と違って、受験のない中学3年生です。

 

先生の言う通り、『向上心と危機感を持って、いかに本気で』取り組めるか

 

です。

 

この学年が、どれほど大事かを、毎回、伝えて欲しいと思います。

 

家庭教師(北嶺出身、北大医学部生)からの数学学習法

 

 


あとは人に説明できるように…札幌市近郊の私立中学2年生 家庭教師指導報告

札幌市近郊の私立中学に通う中学2年生の家庭教師指導報告書および

家庭教師の指導報告から。

 

現在、札医大医学部の女性講師が、シニアの教室で指導を担当しています。

 

生徒は、定期考査に向け頑張っています。

 

 

<指導の状況>

 

1月から2月にかけての4回は、数学の確率、標本調査、三平方の定理に

 

ついて、問題演習を行なっております。

 

 

<向上点>

 

確率も三平方の定理も、問題ごとにどのような式を使うのか、理解できる

 

ようになってきました。

 

 

<生徒へ>

 

練習もしっかりできていて、理解力も十分にあるので、あとは、人に説明

 

できるようにしてください。

 

人に説明できるくらいになれば、知識も定着してくると思います。

 

今回やった範囲以外にも、今までの復習を兼ねて、説明できるようになって

 

下さい。

 

札幌 家庭教師シニア 札幌医科大学医学部医学科 大学生講師

 

 

 

<教務部より>

 

やる気もあって、よく頑張っていると思います。

 

あとは、テストで、満足のいく結果を出すだけです。

 

そのためには、各単元の理解を深め、理解の精度を高めていく必要があり

 

ます。

 

人に説明できる、ということは、とても有意義なことです。

 

意識するだけでも、違ってきます。

 

この調子で進めて下さい。

 

札幌市内近郊の私立中学生のための家庭教師


休み明けのテストは…かなり自信を持って…札幌市内の私立女子中学2年生 家庭教師指導報告

札幌市内の私立女子中学に通う中学2年生の家庭教師指導報告書および

家庭教師の指導報告から。

 

現在、北海道大学工学院の大学院生講師が、シニアの教室で指導を担当

しています。

 

生徒は、とても意欲的に取り組んでいます。

 

 

<指導の状況>

 

1月中の4回は、自分で問題を解いて、分からなかったところについて、

 

どうしたら解けるようになるか、アドバイスをして、数学を指導しました。

 

 

<向上点>

 

初めて見る問題でも、少しずつ解答の糸口を見つけられるようになって

 

いると感じます。

 

 

<今後の方針>

 

冬休み後も、授業でわからなかったところや、自分で解けなかった部分の

 

指導を行なっていきたいと思います。

 

その中で、どうしたらケアレスミスをなくせるかなど、テストでのコツも

 

指導できたらと考えています。

 

札幌 家庭教師シニア 北海道大学工学院 大学院生講師

 

 

<教務部より>

 

今回、保護者の方からコメントをいただきました。

 

『冬休み明けのテストは、先生に指導して頂いたおかげで、かなり自信を

 

持って受けることができたようです。「もっと点数を取りたい」という

 

言葉も聞かれて、日々刺激を受けて、いい傾向だなぁと思います。今後も

 

よろしくお願いします』

 

 

学年一桁に上がれる生徒だと思います。

 

テストでは、常に100点を目指してください。

 

9割で満足するのは、甘えです。

 

この調子で進めてください。


英語が少し苦手に感じて…札幌市内の私立中学2年生 家庭教師指導報告

札幌市内の私立中学に通う中学2年生の家庭教師指導報告書および

家庭教師の指導報告から。
現在、北海道大学の大学院生が指導を担当しています。
生徒は、漢検に向けて頑張っています。
<指導の状況>
この4回は、2月の漢検に向けた対策を行いました。
意味のわからない言葉は、辞書で調べて覚えやすくなるように心がけ
ました。
<成果>
漢字の正答率が、勉強を開始したときよりも上がっています。
学校の授業の復習にも、積極的に取り組んでいます。
<今後の方針>
冬休みが終わったら、毎回、漢検対策を行いたいと思います。
また、英語を少し苦手に感じているようなので、時間を多くとって、
サポートできればと考えています。
札幌 家庭教師シニア 北海道大学 大学院生家庭教師
<教務部より>
今回、保護者の方からコメントがありました。
『中学2年生も、残りわずかとなってきました。英語をなんとか好き
な教科にしてもらいたいと思っております。3年生には、難しい文法
もありますので・・・略』
漢検の方は、このペースで続けていけば、大丈夫のように思います。
英語に関しては、この学年で嫌いになったり、苦手にしてしまうと、
あとあと大変です。
保護者の方のご心配も、その辺りだと思います。
英語ができるようになると、いろいろ楽しいことがあることを、どん
どん伝えてあげて欲しいと思います。
英語ができると、外国の映画を字幕なしで理解できる、外国人に道を
尋ねられたら教えてあげられる、インターネットで世界中の人とつなが
ることができる、英語ができる人は頭が良く見える、などなど。
興味が湧くような会話を進めて欲しいと思います。

わからないところがあれば今のうちに…札幌市内の私立中学3年生 家庭教師指導報告

札幌市内の私立中学に通う中学3年生の家庭教師指導報告書および

家庭教師の指導報告から。
現在、北海道大学工学部の大学生家庭教師が指導を担当しています。
生徒は、定期テストで良い結果を残しています。
<指導の状況>
11月から12月にかけての指導は、数学を中心に教科書・問題集を
使って指導を行いました。
テスト前は演習中心、テスト後は基礎的なところを行いました。
<成果>
三角比と確率の理解が、しっかり深まりました。
また、整数の問題での証明などが、解き進められるようになりました。
<生徒へ>
ひとまず、定期テスト、お疲れ様でした。
成績としては、まずまずで、私としても嬉しかったです。
この調子で頑張って行って欲しいと思います。
中学3年生の期間も、残り少なくなってきたので、わからないところが
あれば、今のうちに解消できるようにしましょう。
札幌 家庭教師シニア 北海道大学工学部 大学生家庭教師
<教務部より>
テストで、まあまあの結果を残せたのは、とても良かったです。
これを自信にして、さらなる高みを目指して頑張って欲しいと思います。
ただ、先生が言う通り、「わからないところがあれば今のうちに」と
いうことは、とても大切なことです。
どの生徒にも言えることですが、わからないことをそのままにすると、
わからなことがどんどん増えてきて、そのうち、その教科自体がわから
なくなってしまします。
わからないところをそのままにしない、なるべく早く解決する、それが、
伸びていける生徒と、そうではない生徒の違いです。
特に、私立中学の場合、授業進度がとても早いので、要注意です。
先生の方から、どんどん質問して、あるいは、生徒自身に説明をさせて、
中学3年生のうちに、既習事項でのわからない部分は、一切なくしていって
下さい。
そうすれば、もっともっと、伸びていける生徒です。
よろしくお願いします。

当初見比べ計算力がかなり向上…札幌市近郊の中高一貫高校1年生 家庭教師指導報告

札幌市近郊の中高一貫校に通う高校1年生の家庭教師指導報告書および

家庭教師の指導報告から。

 

現在、東京の私立中高一貫校出身の北海道大学農学部の男性家庭教師が

指導を担当しています。

 

生徒は、家庭教師にいろいろ相談しながら、意欲的に頑張っています。

 

 

<指導の状況>

 

この4回は、数供Bに関しては、教科書を一緒に進め、その範囲の問題

 

と計算を課しています。

 

化学は、ドリルの予習をしてもらい、分からなかった所を重点的に解説して

 

います。

 

 

<向上点>

 

数学は当初に比べて、計算力がかなり向上したように感じます。

 

計算力は、数学においてとても大切なので、よく頑張ってくれました。

 

化学は、だいぶ基礎が身についてきました。

 

 

<生徒へ>

 

毎回、宿題として計算問題をやってもらっているせいか、以前よりも、とても

 

計算が早くなったように感じます。

 

これは、とても素晴らしいことです。

 

 

化学も、基礎を理解してきているので、この調子で頑張って欲しいと思います。

 

これから、新学期が始まって忙しくなりますが、頑張ってもらいたいです。

 

札幌 家庭教師シニア 北海道大学農学部 大学生家庭教師

 

 

 

<教務部より>

 

今回、保護者の方からコメントがありました。

 

『少し前のことになりますが、なかなか悩んで決まらなかった文系・理系も、

 

先生に相談にのってもらって決めることができました。ゆっくり時間をとって、

 

娘の話を聞いてくださり、感謝しています。今後も、よろしくお願いします』

 

 

 

生徒が、よく頑張っていると思います。

 

計算力がかなり向上しているようですが、数学においては、本当に大事な所

 

なので、さらにその精度を高めていって欲しいと思います。

 

 

理系・文系、どちらを選択するかは、どの生徒も悩む所だと思います。

 

私の意見を述べさせてもらうと、数学的な考え方、論理思考は、社会に出て

 

からも、非常に役立つものです。

 

なので、できれば理系選択で、勉強を進めて欲しいと思います。

 

理系を選択しても、文系受験は可能ですが、その逆は、極めて難しくなります。

 

 


<< | 2/53PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered