ワークで解けない問題が…札幌市内の中高一貫高校2年生 家庭教師指導報告

札幌市内の中高一貫校に通う高校2年生の家庭教師指導報告書

および家庭教師の指導報告から。
現在、北海道大学大学院の男性講師が、シニアの本部教室で、
理数系科目を中心に指導を担当しています。
生徒のレベルがアップしてきています。
<指導の状況>
4月から5月にかけての4回は、数学を中心に指導しました。
ベクトルは、新しい考え方が出てくるので、基礎を確実に身につ
くよう意識しました。
<成果>
基礎をしっかり学習したため、ワークでは解けない問題が少ない
ように思います。
教科書レベルはバッチリです。
<今後の方針>
ゴールデンウイークが終わり、少しずつ、来月の定期テストを意識
して勉強ができればと思います。
暗記などは、今からペースを決めてコツコツと取り組めるように、
毎週確認していきます。
数学は、今まで通り、教科書を中心に進めていきます。
札幌 家庭教師シニア 北海道大学大学院 大学院生講師
<教務部より>
今回、保護者の方からコメントをいただきました。
『数学の苦手意識が少しとれたようで、コツコツ取り組んでいます。
テストには計画的に取り組んで勉強するタイプなのですが、コツを
掴んで、短時間でも中身の濃いものになればと期待します。どうぞ
よろしくお願い致します』
先生が指導をスタートして以来、とてもよいペースできています。
この4回の毎回分の指導内容をみると、ベクトルに関し、教科書の
理解、そして問題演習と、相当緻密に指導しているのがわかります。
6月の定期試験では、自己最高点を目指して欲しいと思います。
この調子でお願いします。


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered