応用問題にも取り組めるようになって…札幌市内の私立中学新1年生 家庭教師指導報告

札幌市内の私立中学に通う新中学1年生の家庭教師指導報告書および

家庭教師の指導報告から。
現在、北海道大学医学部医学科の女性講師が指導を担当しています。
生徒は、とても真面目に取り組んでいます。
<指導の状況>
3月から4月にかけての指導は、数学を中心に、学校の予習を進めてい
ます。
授業スピードがまだわからないため、今は進めることを第一に考えてい
ますが、学校が始まり次第、授業進度に合わせていこうと思います。
<向上点>
基礎的な問題だけでなく、応用問題にも自分で取り組めるようになって
います。
また、少しずつ、計算スピードも上がり、より短い時間で問題を解くこと
ができています。
<今後の方針>
毎回、とても真面目に取り組んでいます。
理解が早く、スムーズに進めることができています。
学校が始まってから、困ることがないように対策していこうと思います。
略。
札幌 家庭教師シニア 北海道大学医学部医学科 大学生家庭教師
<教務部より>
今回、保護者の方からご要望がありました。
『学校が始まり、急に増えた教科にとまどっています。それぞれ問題集ごと
に、家用で予習・復習するノートを作りました。これから先は、学校の問題
集+家用ノートを持って行き、わからないところを教えていただき、本人は
「なにが苦手なのか?」見ていただき、ノートに勉強の仕方のポイント等、
付け加えていただけると幸いです・・・略』
とても真面目に取り組んでいて、素晴らしいと思います。
きちんとした予習・復習の習慣を確立し、正しい勉強のやり方を身につけて
いけば、十分上位で頑張れる生徒だと思います。
ただ、一貫校の場合、生徒が思っている以上のスピードで進んでいくので、
そこは注視しながら進めていってください。


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered