向上心と危機感を持って、いかに本気で…札幌市内の私立中学2年生 家庭教師指導報告

札幌市内の私立中学に通う中学2年生の家庭教師指導報告書および

家庭教師の指導報告から。

 

現在、北海道大学工学部の男性講師が、シニアの本部教室で指導を担当

しています。

 

生徒は、勝負の時期にきていると思います。

 

 

<指導の状況>

 

1月から2月にかけては、毎回、英語・数学を45分ずつ、教科書に

 

沿って指導しています。

 

英語の長文読解に本人が苦手意識があるようなので、時折、問題演習も

 

行うようにしています。

 

 

<成果>

 

数学は、毎回の指導内容が定着してきているように思います。

 

英語は、特に長文への取り組み方から指導しており、まずは、苦手意識

 

を取り除くように指導している最中です。

 

 

<今後の方針>

 

本人は、一生懸命やってくれていると思いますが、あまり宿題に取り組

 

んでおらず、家庭学習が不足しているのでは、と感じてします場面があり

 

ます。

 

 

ただシニアの教室で勉強して満足するのではなく、向上心と危機感を

 

持って、いかに本気で学習できるかが、今後、非常に重要になってく

 

ると思うので、精一杯指導していきたいと思います。

 

札幌 家庭教師シニア 北海道大学工学部 大学生講師

 

 

 

<教務部より>

 

この1年が正念場だと思います。

 

一貫校の場合、3年目、4年目で、いかに伸びていけるかです。

 

もし、この学年で停滞するようなことがあれば、5年目、6年目で挽回する

 

のは、本当に大変です。

 

公立中学と違って、受験のない中学3年生です。

 

先生の言う通り、『向上心と危機感を持って、いかに本気で』取り組めるか

 

です。

 

この学年が、どれほど大事かを、毎回、伝えて欲しいと思います。

 

家庭教師(北嶺出身、北大医学部生)からの数学学習法

 

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered