藤中生・日大高生の指導にあたっている学生講師の指導報告書より

今年の札幌はいったん雪が降り始めると、ドカ雪になることが多い

ような気がします。

道路の両側にも、雪山が高くなっている所も多々あります。交通事

故に気をつけましょう。

さて、今回は藤中生の指導にあたっている北海道大学理学部のO先

生の指導報告書からご紹介します。

  ”英語の文法があまり理解できていないようでしたが、少し

  ずつ理解できるようになってきています。

  基本的な問題は解けるようになってきました。まずは基本

  がしっかりできるようになることが大切なので、基礎的な

  問題を中心に何度も解いていきましょう。"


続いて、日大高生の指導にあたっている北海道大学医学部のK先生

の指導報告書です。

  "演習は復習が大切です。

  分からなかった問題はその問題の理解だけで終わらせずに

  教科書まで立ち返ること。そして、分からなかったところ

  を自分のノートにまとめてもう一度復習できるようにする

  こと。

  これが苦手をつぶすための一番の近道だと思います。"


基本に戻って考えてみる!そもそもの定義は何だったか?なぜその

ような考え方が必要なのか?難問奇問を解くときにも、実は大元ま

で振り返って考えてみると道が開けたりすることがあります。

センター試験が終わり、これから2次試験が待っています。焦る気

持ちもあると思いますが、急がばまわれです。

札幌家庭教師シニア 宮本

新学期が始まりました!

冬休みが終わり、新しい学期が始まりました!

入試が近づき、ピリピリした雰囲気になる受験生もおります。

ご家庭でもフォローお願い致します。

今日は、北嶺高2年生の指導にあたっている北大医学部生の
指導報告書からです。

 ”受験生という言葉がありますが、一般的には高3になっ

 て受験を意識して勉強し始めてから、そう言われますが、

 A君は自分の将来を見据えてコンスタントに勉強していて

 とても頼もしく思います。

 最近は今までの範囲で、知識があいまいな部分を確認して

 います。

 定期テストで点数をしっかり取ることに対する意識はまだ

 甘く、知識をアウトプットする訓練もこれからと思います。”


この週末、大学入試センター試験もあり、高2生も1年後の今頃

はいよいよ受験です。”まだ1年”ではなく、”もう残り1年”と考

え、日々努力を続けてほしいと思います。

札幌家庭教師シニア 宮本
 

立命館慶祥中の定期試験が終わりました。

先月下旬で立命館慶祥中の3回目の定期試験が終わりました。
今日は中1生を教えている専任T講師の指導報告書をご紹介します。

  ”今回の定期試験では、イディオムで間違ったところはあり
  ましたが、長文読解はほぼ完璧に解けていました。
  今後の課題としては、今回のテスト範囲までで、時制は一
  通り学習したことになるので、総合的な問題を解く上での
  見直しの仕方の習得や、一部覚えきれていない不規則動詞
  の語形変化の暗記になります。
  長文は引き続き、単元の合間にいれていく予定です。”


ご家庭からも”長文読解が良くできていたとのことで、また自信に
つながることと思います。”との嬉しいメッセージを頂きました。

北嶺中の定期試験が近づいてきました

北嶺中は12月に入ってすぐ第1週に定期試験があります。

今回は今年の夏に家庭教師を始めた北嶺中生の指導にあたっている
北海道大学工学部2年のM先生の家庭教師報告書をご紹介します。

 "・今月はいつもより多めの課題を出しましたが、しっかりやって
  きてくれました。
 ・指導に関しては、今回点数を上げたい教科の解説を重点的に行っ
  ています。
 ・今回の定期試験後は次回の定期試験に向けて学習を進めていくこ
  とになりますが、次回までは間が空くので、基礎力の教科をメイ
  ンに行い、次回の定期試験では75%の得点率を目指しましょう"


家庭教師を始める前は、なかなかモチベーションが上がらず、学習時間も
確保できていない状態で、定期試験の日程も把握していないこともありま
した。

北嶺出身のM先生は自分の体験談も織り交ぜながら、生徒のやる気を引き
出し、本人も多めの課題にも取り組めるようになってきたのは素晴らしい
成果です!

札幌家庭教師シニア 宮本

立命館慶祥中の定期試験が近づいてきました!

札幌市内・近郊の公立中では、一部を除いてほぼ定期試験が終わった頃と思いますが、
私立中高一貫校は11月下旬から12月初旬にかけて定期試験が行われるところが多いよ
うです。

今日は、立命館慶祥中1生の指導にあたっている北海道大学医学部1年のT先生の家庭
教師報告書をご紹介します。
 
 ”反比例に少し苦手意識を持っているようですが、これから演習を通して
  慣れていくと良いなと思います。
  比例・反比例はこの先理科などでも使う大事な考え方なので、しっかり
  身につけて欲しいです。
  英語に関しては、宿題から苦手な部分がはっきりしてきたので、解説し
  た部分を中心に復習しましょう。
  定期テストに向けて頑張りましょう!”


比例・反比例は関数の基礎となる部分です。ここで苦手意識を持たないよう、まずは
基本事項を整理し、問題演習で慣れ、今後に続く関数の考え方まで到達できると、ベ
ストです。

英語は、立命館慶祥中1ではそろそろ未来の文も出てきて、時制が現在・過去・未来と
一通りそろいます。それぞれの肯定文・否定文・疑問文、be動詞や一般動詞、3単現
のs、進行形・・・など、個別で出てくる問題は解けても、総合的に出てくるとミスを
しがちです。

ごちゃ混ぜにならないよう、問題文をしっかり読み、まずは時制を判断するように注
意しましょう星

札幌家庭教師シニア 宮本

家庭教師報告書から12

10月も終わりに近づき、そろそろ白いものが空から降ってくるかもしれない11月
が迫ってきました。


空気も乾燥してきているので、加湿器などでウィルス対策をし、風邪にならないよう
気を付けましょう風邪

今日は北海道内の大学受験を考えている札幌市内の私立高3年生の指導報告書をご紹
介します。


 ”模試の結果を見て、国語の対策にも取り組むことにしました。解き方・勉強法も指導し
  ています。
  受験が少しずつ近づいてきました。やりたい教科だけに集中した勉強はしていません
  か。この時期こそ毎日少しずつでも多くの教科に手を付けられるように勉強していくこ
  とが大切です。
  ここまで来たら、後はどれだけ頑張れるかだと思います。体調に気を付けながら、やれ
  るだけ全力で頑張りましょう!”


自分が不得意・苦手とする教科を後に回し、なかなか手がつけられない状況は誰しも経験
があるのではないでしょうか・・・

理系なら文系科目、文系なら理系科目こそ、実は差がつけられる可能性がありますよ。


札幌家庭教師シニア 宮本

家庭教師報告書から11

今回は、夏休みからシニアの教室指導に通っている私立中生の家庭教師報告書

の"ご家庭からのメッセージ"欄に頂いたメッセージのご紹介です。

塾に通ったことはあるものの、家庭教師は初めての生徒です。

最初の指導報告書に頂いたメッセージは、

  初めての家庭教師でしたが、思ったほど緊張もせずに通っているようでひと
 安心です。
  わかりやすいと前向きに取り組んでいるようです。


そして、約2か月後の指導報告書です。

  お世話になっております。第2回定期試験では、1回目よりも平均点との差も
 縮まり、着実に力をつけてきているように感じました。何よりも英語に対する苦
 手意識がなくなってきたことがありがたいところです。


この調子で確実に力をつけていきたいと思いまするんるん


札幌家庭教師シニア 宮本

家庭教師報告書から10

この『家庭教師報告書から』シリーズも今回で10回目となりました扇子

今回は、中高一貫校に兄弟で通い、教室でも仲良く勉強しているご家

庭の家庭教師指導報告書からです。この兄弟は本当に仲が良いのだな

ぁと思うのは、自習の時も、同じブースを使って向かい合せに勉強し

ている姿を見たりした時です。

そして、ブースを使い終わった後の席も、次に使う人の事を考えて綺

麗にしていってくれます。その他にも色々ありますが、非常に微笑ま

しい姿を幾度も見かけました。

 「この4回の指導では、学校で行った模試や講習での化学の問題
  を中心に行いました。
  教科ごとではなく、総合的に考えて苦手科目をなくすように勉強し
  ていかなくてはならない時期にやってきました。
  その確認ができるのが模試です。復習をしっかり行い、頑張りまし
  ょう。」


お兄さんの方は受験を控えております。化学以外の教科、文系科目
も手を抜かず、ベストをつくしてほしいと思いますペン

札幌家庭教師シニア 宮本
 

家庭教師報告書から9のその後

 今日は、前回掲載した"家庭教師報告書から9"の札幌市内の私立中に通う

生徒の続報です。


 定期考査の結果が出て、お母様からお喜びの連絡を頂きましたビックリ

 夏休みに頑張った甲斐もあり、幾何はクラス1位クラッカー、代数もミスが1,2問

という結果に結びつきました。


 注意してほしいのは、これがゴールではないという事です。特に中高一貫

生で、中学に入るときはあんなに頑張ったのに、入学してからは・・・とい

うお話を伺うことが結構あります。


 "家庭教師報告書から9"のこの生徒は大丈夫と思いますが、油断は禁物で

す。これからも地道な努力を継続していってほしいと思います。

 とはいえ、やはり1位は嬉しいものです!良く頑張りましたと拍手を送り

たいです笑い

                     札幌家庭教師シニア 宮本
 

家庭教師報告書から9

 例年よりも札幌は暑い日が多かったように思える夏休みも終わり、新学期になり
ました。
 夏休み明けの試験もほぼ終わったことと思います。
 マスコミなどで宿題代行のニュースを見て驚きましたが、自分の事は自分で行っ
てほしいと思います。

 さて、今日は夏休みに、普段よりも指導時間を延長して頑張っていた私立中高生
の家庭教師報告書を一部ご紹介します。

  「幾何分野で、面積比の問題を解くのに、三角形を分割していく事や、相似な
   図形に着目して比を求めていく方法を使う事に迷うことがあります。まだ慣れて
   はいないようなので、もう少し基本的な問題を使いながら、練習していきます。
   理科の電磁誘導の標準的なレベルの問題はほぼマスターできました。」


 幾何は確かに見た目が難しそうな問題もあります。補助線を1本引いただけで、
あっさり劇的に解けたりする問題もあります。
 問題を見た時に、どのように解いていくか方針を立てるには、やはり問題演習量
がものを言います。以前にも書きましたが、問題演習の時も、正答以外でも他の考
え方ではどうか?他の方針を取ると、どこで行き詰るのか?など注意しながら自分
が使える武器(考え方)を増やしていきましょう剣

 札幌家庭教師シニア 宮本

| 1/8PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered